kotaroのぶらぶらぶらり旅

ぶらぶらぶらりの旅の出来事、台湾ぶらぶら澳門ちょっぴり

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

高雄で懐かしい感じのパチンコ店

2017/05/10

生日公園からてくてく歩いて中山二路の交差点へ向かう。

17091101.jpg

交差点の角には大きな建物で金芭黎舞廳がある。

17091102.jpg

ダンスホールやカラオケ、ボーリングと大人の社交場なんだろうな。

目的地はそこではなく、中山二路と四維四路の角にある九福パチンコ店。

17091103.jpg

見た目は昭和のパチンコ店だな。

中に入るとこれまた昭和のホールだな。

店内を一回りしてみると、結構お客さんがいてスロットとパチンコ両方置いてある。

スロットはジャグラーと沖スロかな。

パチンコはアレパチが多く、液晶がついてるのは北斗と海物語くらいかな。

カウンター前に日本語出来るおじさんの店員がいてシステムを聞く。

カウンターでまずメダルを買って、サンドにメダルを入れると球が出る。

ハンドルは固定で、掛け持ち、持ち球遊戯可能。

海物語を見てるとずっと時短状態でへそに入っても賞球がない。

まぁ、早い展開で球が減ってる。

プレジデントや何かをベースにしたオリジナルっぽいアレパチ。

その中で新アレジンを打ってみることにした。

スルーチャッカーに球が通るとセグが回る。

まぁ、これをずーっと見てるような感じだな。

ハンドルから手を放しても球は打ち続ける。

なので、メダルで球を補充するような感じだな。

しばらく打っているとパトランプが回り、3で当たる。

真ん中のラクダ役物を狙おうとしたら、隣のダンディーなにいさんに右打ちだと言われる。

あぁ、パンクないんだなこれ。

右打ちをして、ラウンドを消化していく。

終わったらすぐに大当たり。

さらに消化してすぐに大当たり。

ドル箱は自分で用意して、自分で積む。

しかも球を流すのもセルフになっている。

店内にはなぜかK-POPの日本語バージョンでKARAや少女時代が流れていた。

なんだかわかんない曲のチョイス。

そして、店員の煽る店内放送。

まさに昭和の感じのホールだよ。

で、打っていてふと思ったんだが周りを見てると当たった数字の数だけ連チャンしてるような感じだ。

持ち球で次は2で当たると2セットの当たり。

間違いないな…

9で当たったらスゲーことになるな。

ほかの台で6当たりの札が刺されてるってことは6連チャン確定ってことだな。

台湾のパチンコスゲーな。

しばらくして3で当たりまた3セット。

球を流して、カウンターに持っていくとカードみたいな景品をくれた。

日本語話せる店員のおじさんにもうやめるのかと聞かれ、やめますと言うとメダルはまた持ってくれば使えるよと言われた。

結果は1時間半くらい打って、当たりを出したが600NTD程の負けだった。

台湾のパチンコは換金は違法だが、日本と同じように景品は用意されている。

まぁ、店員のおじさんや見知らぬダンディーなにいさんも親切で楽しめたわ。

外に出ると17時前で空はどんよりしていた。

17091104.jpg

さて、これからどうしようかな。


↓ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
広告



| ぶらぶらぶらり旅 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |